読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使のささやき

魂が帰りたがっている場所へ

感じるままに生きるということ

夢中になれることがあるってのは、
シアワセなことだ。

なりふり構わず、
自分の信念にしたがって突っ走る。

その時はきっとアドレナリンも出まくって、
気持ちいいんだろうな、と思う。

自分も歩きの企画や人と会う計画をしてるときが、
一番楽しい。

そして、不思議なご縁があると、
さらに嬉しくて、のめりこみそうになる。

そんな時、どこまで入り込むか、
このへんは自分の直感と、
その時のメンタリティで変わるんだけど、
振り返ってみると、
やっぱり常識的なところで治まってるみたいだ。

それは、私のまわりに、
忌憚のない意見を言ってくれる人々がいるからだ。

今はちょっと前のめりすぎる感じもあるので、
ブレーキかけなきゃなぁ、と思いながらも、
やっぱり突き進みたい衝動にもかられている。

あー、やっぱりこうやって思考をしていると、
苦しくしくなるなあ。


感じるままに生きたい、
ただそれだけなんだけども。